子どもから大人まで多種多様な自然体験型プログラムを通じてアウトフィッターを育成します。

総合窓口075‑354‑6388

受付時間:10:00~18:00(火日祝休)

fb

youtube

総合TOPへ

ニュース&ブログ

国際自然大学校 西日本エリアのニュース&ブログです。
各校で開催するプログラムやレポートなどの情報が満載です。

2020.10.21

【芦屋/明石・雨天情報】10/25 アースレンジャー 芦屋明石ベーシック日2

【10/25 アースレンジャー 芦屋明石ベーシック日2】

 

いつもお世話になっております。

10/25(日)のアースレンジャー 芦屋明石ベーシックコース日2ですが、天気予報も晴れの予報になっておりますので今のところ、予定通り実施いたします。

 

寒暖差が激しくなってきておりますので体調を整えてお越しください。

また、当日は寒いことも予想されますので防寒具もお持ちください。
(当日は室内もとっておりますが基本は外での活動となります)

 

よろしくお願いいたします。

 

スタッフ:赤尾 操(ロブ)

 

 

2020.09.20

【京都・新着】「焚火庵(たきびあん)」始動!

火と共に自分の想いをあたためる場

「焚火庵(たきびあん)」

 

PENSの新しいプロジェクト「焚火庵」が始動しました。

人って、火を見ると気分が高まったり、気持ちが落ち着いたりしますよね。

火を眺めながら、時間を忘れて、自分だけの空間にどっぷり浸かる心地よさを感じてもらう場、

それが「焚火庵」です。

 

焚火庵を始動させたきっかけや、焚火庵に込めた想いをPENSの代表理事の砂山が、

焚火をしながら語っておりますので、ぜひみなさまご覧いただけたらと思います!

 

 

夜のちょっとした時間を、焚火と共に贅沢な時間にしてみませんか?

気になる方は、ぜひホームページもご覧ください!

 

2020.09.04

冬の いついつキャンプ開催します!

 

いつ来ていつ帰ってもいいキャンプ、

その名も

「いついつキャンプ」!

なんと、冬も開催します!!

 

え、冬ってめっちゃ寒いんちゃうの…??

→はい!12月には雪が降ります。もしかしたら、積もるかもしれません!

 

それでもテントで寝るの!?

→はい!寒さ対策をバッチリして、テントで寝ます!(楽しそうでしょ?笑)

 

いついつキャンプの特徴は、

現地ではやることが特に決まっていないので、ひたすら自分がしたいことをして過ごすことができます。

(何かに没頭することが好きなお子さん、いろいろやりたいお子さん、とにかく外で遊びまくりたいお子さん、大歓迎です!)

 

里山での生活は、決して便利ではありませんし、

身の回りのことは自分でしなければなりません。

まさに面倒くさいことだらけです。

 

でも、その里山での生活こそが、

普段の生活に必要な力が身につく「チャンス」だと思っています。

 

たとえば、

 

「お腹すいた、ご飯食べたい!ご飯まだ?」

 

→いついつキャンプは、待っててもご飯は出てきません。

みんなでご飯を作ります。しかも薪を使って。

とっても面倒くさいですが、普段ご飯を作ってくれている人へのありがたみを感じます。

 

 

「自分がしたい遊び道具がない…テレビゲームしたい…」

 

→いついつキャンプには、無いもんは無い!

諦めるか、自分で作るか、あるもので工夫をして遊ぶか。

ということを考える力が身につきます。

 

などなど、不便だけれど、それ自体を楽しむことができる。

みんなで協力すること、自分で工夫をすることがだんだん楽しく感じてくる。

 

というのも、このキャンプの魅力の一つです。

(というか最大の魅力かも!?)

 

里山で過ごす時間はとてもゆっくり流れ、一日が長く感じます。

寒い冬だからこそ野外で、里山で、どっぷり過ごしてみませんか?

 

夏のいついつキャンプに参加してくれたお子さん、

いついつキャンプ興味あるけどまだ参加したことないお子さん、

冬の百井で会いましょう!!

 

自然豊かな里山が、みなさんをお待ちしています。

 

 

【日程】12/24(木)〜28(月)

期間の中で、ご都合の良い日程・泊数をお選びください。

【実施(宿泊)場所】

京都市百井青少年村(テント泊)

【対象】年長〜中学3年生

【定員】20名/日(最少催行3名/日)

【食事】朝1回、昼2回、夜1回(1泊2日)

【参加費】15,000円/1泊2日 ※送迎費含む

     追加5,000円/1泊

【集合解散】

期間中は毎日送迎します!

京都駅グランヴィア前(9:00集合、16:45解散)

烏丸御池マンガミュージアム前(9:15集合、16:30解散)

北大路北東バス停付近(9:30集合、16:15解散)

※事前に集合解散場所を選んでいただきます。

車で順番に迎えに行き、ピックアップして現地に向かいます。

冬は凍結の可能性がありますので、現地集合はオススメしておりませんが、

ご希望の方は個別にご相談ください。

 

現地でできること:

たき火、焼き芋、焼きマシュマロ、弓矢作り、川でダム作り、自然クラフト、

秘密基地作り、木登り、DIY、ハンモック、キャンプファイヤー、星空観察、

学校の宿題、雪遊び!?

など

 

 

<<お申し込みはこちらから!>>

夏のいついつキャンプの動画も、参考にぜひご覧ください!

 

2020.08.24

【関西・新着】プログラム参加要項

アースレンジャー年間予定表

【京都】アースレンジャー ・百井キッズ村

【芦屋・明石】アースレンジャー

 

アースレンジャーin京都

9月

10月

11月

12月以降準備中

 

百井キッズ村in京都

9月

10月

11月以降準備中

 

アースレンジャーin芦屋

9月

10月

11月

12月以降準備中

 

アースレンジャーin明石

9月

10月

11月

12月以降準備中

 

アースレンジャープラス

< こちらからご覧ください >

2020.07.20

里山いついつキャンプ2020

 

いつ来ていつ帰ってもいいキャンプ、

その名も

里山いついつキャンプ」!

2020年夏に復活します!!

(詳細は下の方にあります。まずはキャンプへの想いを読んでください!)

 

このキャンプの魅力は、なんといっても、

 

1泊から19泊までの間で、日程・泊数を選べるところ!

(忙しいお子さんや家族の他の予定とも合わせたいご家庭にもオススメ!)

 

また、現地ではやることが特に決まっていないので、ひたすら自分がしたいことをして過ごすことができます。

(何かに没頭することが好きなお子さん、いろいろやりたいお子さん、とにかく外で遊びまくりたいお子さん、大歓迎です!)

 

さらに今年の夏は、百井を拠点にしながら、ちょっと遠くへ遊びに行くプランも考えています!

(百井以外の場所でのアクティビティが楽しめます!)

 

里山での生活は、決して便利ではありませんし、

身の回りのことは自分でしなければなりません。

まさに面倒くさいことだらけです。

 

でも、その里山での生活こそが、

普段の生活に必要な力が身につく「チャンス」だと思っています。

 

たとえば、

 

「お腹すいた、ご飯食べたい!ご飯まだ?」

 

→いついつキャンプは、待っててもご飯は出てきません。

みんなでご飯を作ります。しかも薪を使って。

とっても面倒くさいですが、普段ご飯を作ってくれている人へのありがたみを感じます。

 

 

「自分がしたい遊び道具がない…テレビゲームしたい…」

 

→いついつキャンプには、無いもんは無い!

諦めるか、自分で作るか、あるもので工夫をして遊ぶか。

ということを考える力が身につきます。

 

などなど、不便だけれど、それ自体を楽しむことができる。

みんなで協力すること、自分で工夫をすることがだんだん楽しく感じてくる。

 

というのも、このキャンプの魅力の一つです。

(というか最大の魅力かも!?)

 

里山で過ごす時間はとてもゆっくり流れ、一日が長く感じます。

いつもより夏休みが短いからこそ、里山でどっぷり過ごしてみませんか?

 

自然豊かな里山が、お子さんをお待ちしています。

 

 

【日程】8/3(月)〜8/22(土)

期間の中で、ご都合の良い日程・泊数をお選びください。

※8/5〜8、8/10〜11の日程は残席わずかです。

※8/12〜14は満席です。

【実施(宿泊)場所】

京都市百井青少年村(テント泊)

【対象】年長〜中学3年生

【定員】20名/日(最少催行3名/日)

【食事】朝1回、昼2回、夜1回(1泊2日)

【参加費】14,000円/1泊2日

     追加5,000円/1泊

【集合解散】

現地 10:00集合、16:00解散

現地への送迎可能日:8/3(月)〜8/7(金)、8/10(月)〜8/14(金)、8/17(月)〜8/22(土)の毎日

送迎集合解散:

地下鉄国際会館駅 9:30集合、16:30解散

送迎費:1,000円/往復(国際会館〜百井)

※京都駅集合解散はありませんが、地下鉄京都駅8:59発・国際会館駅15:56発の電車に乗っていただくと、ホームからスタッフと同行が可能です。(途中乗車・下車も可、交通費実費)

 

現地でできること:

川遊び、魚探し、虫獲り、ドラム缶風呂、

弓矢作り、自然クラフト、DIY、秘密基地作り、

木登り、野菜収穫、星空観察、野外自炊、

キャンプファイヤー、ロープクライミング、

スラックライン、マウンテンバイク、

夏休みの宿題 など

 

いついつイベント内容(予定):

※希望者のみ参加可能です。

8/4(火) アマゴ掴みの日・ツリーハウス作りの日(百井)

8/5(水) 琵琶湖で遊ぼうの日(滋賀県)

8/6(木) 夜のお祭り・花火の日(百井)

8/7(金) アマゴ掴みの日(百井)

8/8(土) 若狭で釣りの日(福井県)

8/9(日) ツリーハウス作りの日(百井)

8/10(月祝) 琵琶湖で遊ぼうの日(滋賀県)

8/11(火) ツリーハウス作りの日(百井)

8/12(水) 琵琶湖で遊ぼうの日(滋賀県)

8/13(木) 夜のお祭り・花火の日(百井)

8/14(金) アマゴ掴みの日(百井)

8/15(土) 若狭で釣りの日(福井県)

8/16(日) ツリーハウス作りの日(百井)

8/18(火) ツリーハウス作りの日(百井)

8/19(水) 琵琶湖で遊ぼうの日(滋賀県)

8/20(木) 夜のお祭り・花火の日(百井)

8/21(金) アマゴ掴みの日・ツリーハウス作りの日(百井)

 

<<お申し込みはこちらから!>>

動画もぜひご覧ください!

 

2020.07.01

【関西・新着】活動へ参加する際のワンポイントアドバイス

まもなく、夏キャンプがはじまります。6月から少人数活動として徐々に活動をスタートしています。そこで今回は初参加の方もおられるので参加に際してのワンポイントをお届けします。

 

〇体調管理をしっかり行う

熱中症の予防・楽しく活動を進めるには元気な体での参加が大切。
体調面に不安がある場合はで事前にお伝えください。
(LINEがおススメです)

〇お弁当にはひとつ保冷剤を

暑い時期の食中毒予防のために、お弁当には保冷剤をつけて頂けると助かります。
さらに小さな保冷バッグにれるのもさらに効果的です。
キャンプでは容器を洗えないため、捨てられる袋などに入れるのことを推奨しております。

 

〇持ち物すべてに名前記入

兄姉が多いと大変ですが、パンツ、靴下などにも名前を書いてください。水筒も本体、コップ部分にもお名前をお書きください。(テープを貼って名前を書いていただいてもOKです!)
万が一、忘れ物や他の参加者の荷物に紛れたときも発見されやすいです!

 

〇着がえは種類ではなくセットだと楽♪

着がえは種類毎ではなく、「下着+ズボン+シャツ+靴下」のセットで袋に入れて下さい。
袋には「2日目に着る服」「寝間着(パジャマ)」「予備」などで記載していただくと子ども達が準備しやすくなります。
必ずお子さんと一緒に準備をしてください!

 

〇カバンの中身はビニール袋に

プログラム内容を問わず、急な雨などでカバンの中身は結構な確率でびしょ濡れになります。タオルなどすべて個別に袋に入れてください。基本は大丈夫ですが夕立などに遭遇すると間に合わない場合があります。

〇準備で迷ったらLINEで聞く

カッパのサイズが見つからない…
この靴でいいのかな?
などなど、準備で迷ったら、気軽にLINEで聞いて下さい。写真で「これでよい?」と送っても大丈夫。スタッフが買えそうなお店も含めてアドバイスします!

【NOTS西日本(PENS)公式LINEへ登録】

友だち追加

〇初参加時は少し早めの集合を

初めての参加、初めてのキャンプなどの場合は、集合時間の15分前ぐらいにに来ていただくのが良いです。早めの到着を目指していただくと集合場所へ迷った際もご対応がスムーズです。
(直前の来られると他の方の対応などで時間がかかる可能性がございます。)

 

〇SNSでの拡散は大歓迎!

親子で参加したプログラム、お子さんが参加したプログラムの様子をインスタ、Twitter、FacebookなどSNSで拡散するのは大歓迎です!NOTS関西(PENS)の公式のブログ、インスタに載っている我が子の写真や動画を個人SNSに転載するのは問題ありません。

#NOTS関西

をつけて頂けると嬉しいです。

(注意)
アップする際には他のお子さんの顔に★を付けるなど見えないようにしていただきますようご配慮お願い致します。スタッフは問題ありません。

 

NOTS西日本の公式サイトをフォローしていると更新通知が受け取れます。

▼Instagram
https://www.instagram.com/nots_west/

▼Facebook
https://www.facebook.com/notswest

 

▲夏のアウトドアに適した服装について
https://nots-west.com/news/summer-wear/

 

▲水遊びの服装について
https://nots-west.com/news/water-wear/

 

以上、夏前の参加に向けたワンポイントアドバイスでした!

 

スタッフ:赤尾

 

最近の投稿