子どもから大人まで多種多様な自然体験型プログラムを通じてアウトフィッターを育成します。

総合窓口075‑354‑6388

受付時間:10:00~18:00(火日祝休)

fb

youtube

総合TOPへ

ニュース&ブログ

国際自然大学校 西日本エリアのニュース&ブログです。
各校で開催するプログラムやレポートなどの情報が満載です。

2019.09.19

【関西校・レポート】2019 フィッシングチャレンジキャンプin天橋立

フィッシングチャレンジキャンプin天橋立は8/19〜21の2泊3日で実施しました。
日本海の魚を相手に、その名の通りフィッシングにチャレンジしました!
宿泊先の天橋立ユースホステルに着き、さっそく竿とリールのセットの仕方や投げ方を練習しました。

 

室内だとなんとなく余裕もあるし、涼しいしでみんな「もう完璧!」と言うので、(ホンマに大丈夫か?と思いつつ、)実際に漁港へ釣りに出発!
夕方近い時間帯で少し涼しくなりつつあったので、釣りの準備もしやすく、また練習した甲斐もあり、なんと予想以上の釣果に!!

 

ユースホステルに帰って、さっそくさばきました。頭を落とす時や内臓を出す時は悲鳴が上がっていましたが、自分の手でしっかりさばいてきれいに処理してくれました。

 

さばいたお魚は、夕食の一品に!おいしいおいしいと嬉しそうに食べてくれ、明日も食べたいからまたがんばって釣るぞ!と意気込んでいました。

2日目は、天橋立から路線バスで30分の伊根というところへ釣りに行きました。雨が降ったり、日差しが差したりの天気の中、この日はサビキ釣りに挑戦。

 


時間いっぱいまで諦めずに魚と格闘していました!この日は、釣った魚の魚拓取りにも挑戦。食べてなくなってしまう前に、自分が釣った魚を記録として残しました。

 

 

昼からは暑い時間帯だったので、天橋立で海水浴へ!クラゲに怯えながらでしたが、泳いだり生き物を探したり砂浜で遊んだりして楽しみました。
いよいよ最終日!この日は釣った魚はお家にお持ち帰りができるということで、みんな必死に釣っていました。

午前中から暑い日だったのと、時間が短かったのであまり釣れませんでしたが、無事にお土産の魚をゲットすることができた子もいました。

釣りたい!という気持ちと、でも釣れなかった悔しさや釣れた時の達成感、釣り方に工夫してみる、場所を考えるなど、いろんな感情や試行錯誤があったと思います。そんな一生懸命何かに取り組む子どもたちの姿はかっこよかったです。これからも釣り名人めざしてがんばってほしいと思います。

ディレクター:奥 ぱぴこ

 

 

秋プログラムはこちら!

関西校予約 フォーム

最近の投稿