子どもから大人まで多種多様な自然体験型プログラムを通じてアウトフィッターを育成します。

総合窓口075‑354‑6388

受付時間:10:00~18:00(火日祝休)

fb

youtube

ニュース&ブログ

国際自然大学校 西日本エリアのニュース&ブログです。
各校で開催するプログラムやレポートなどの情報が満載です。

2018.10.01

【関西・レポート】のりくらスキーキャンプ情報

今年度ののりくらスキーキャンプは全部で4日程。

すべて2泊3日で、スキー三昧の三日間になります。

 

《場所情報》

宿泊する乗鞍高原青少年自然の家は、岐阜県高山市にあり、乗鞍岳の中腹1,510mにあります。

京都市内からはバスで4時間ほど。

スキー場に隣接しているので、宿からスキー場へのアクセスも早いです。

↓ 乗鞍高原青少年自然の家

こちらをタップ

 

《インストラクター情報》

スキー中は、ウエストジャパンアウトドアスクールと協力し、当団体のリーダーが主体でスキーレッスンをします。

リーダーと一緒にスキーレッスンをし、リーダーと一緒に生活する3日間になります。

 

《3日間のながれ》

〜 初日 AM 〜

各地(芦屋、京都、大津)で集合後、大津駅からバスに乗って移動します。

移動時間は5時間ほどですが、岐阜県まで行けるのはこのキャンプの醍醐味です。

お昼ご飯は途中のPAで食べます。

 

〜 初日 PM 〜

現地に着いてからは、滑る時間がちょっとしかないので、スピーディーに着替え等を済ませ、いざゲレンデへ!

久しぶりの人はちょっとづつ慣らしていきます。

初めての人はインストラクターと一緒にレッスンをするので、初めてでも安心♪

 

初日のスキーレッスンが終わった後は夜ごはんとお風呂を済ませます。乗鞍青少年自然の家の夜ごはんはバイキングでおいしいです。

 

夜はリーダーと一緒に過ごします。

今日のスキーを滑ってみてどうだったか?どんな気持ちになったか?などをふりかえって、就寝です。

 

〜 2日目 AM 〜

2日目はひたすら滑る日!

初心者は慣れてくるとゲレンデを滑り、リフトも乗ります。

中・上級者は、ゲレンデをどんどん滑っていきます。

ポイントポイントでインストラクターからのアドバイスをもらいながら滑っていきます。

 

〜 2日目 PM 〜

おいしいお昼ごはんをたらふく食べてちょっと休憩。

気持ちよく集中して滑るためには休憩とリフレッシュも必要です。

必要に応じてスキー板を脱ぎ、雪遊びをしてリフレッシュもしていきます。

午後になると初心者チームも止まる/曲がるができるようになってくるので、ちょっとづつレベルを上げながらステップアップしていきます。

中・上級者チームは、ひたすら滑っていきます。

コンディションが良ければ、アルプスを見ながらのスキーもできます。

 

午後のスキーが終わり、夜ごはんとお風呂を済ませます。

 

2日目の夜は、レクリエーション大会。

一緒に過ごしたリーダーと最後の夜を楽しみます。

 

〜 最終日 AM 〜

最終日はゲレンデに出る前に、荷物の整理と部屋の片付け。

 

身辺整理が終わったら、最後のゲレンデへ出発です。

3日間滑って、ワンポイントアドバイスをもらったことを思い出しながらおさらいしていきます。

最終日の最後には、PENSスキー検定を行います。

上達レベルに合わせて、認定書とオリジナルバッチを進呈します。

毎年、レベルアップを楽しみにこのキャンプにくるお子さんもいます。

 

〜 最終日 PM 〜

お昼ごはんを食べた後は、バスに乗って出発します。

またまた長い移動ですが、行きに比べると子ども同士やリーダーとも仲良くなっているので、わいわいしながら関西に向けて移動します。

関西につき、各集合場所にて解散となります。

 

3日間、岐阜県の大自然に囲まれスキーができます。

スキー中も生活面もリーダーと一緒に過ごせることが、のりくらスキーキャンプのいいところ。

滑れるようになった嬉しさ、なかなかできない悔しさに、リーダーが一緒に寄り添います。

普段、当団体の年間プログラムで活動しているリーダーが、スキー中に起こるお子さんの気持ちの変化や気づきを大切にしていくキャンプとなります。

 

ぜひ、ご参加をご検討ください。

 

 

↓ イベントページへ戻る ↓

(12月) (1月) (2月) (3月)

 

 

【西日本・ブログ】保護者が考える「だからスキーキャンプに参加させる」4つの理由

2018.10.01

【西日本・レポート】ハチ高原スキーキャンプ詳細情報

毎年、好評でたくさんの方にご参加いただいているハチ高原でのスキーキャンプ!

今年度も3本実施をします。

今年度は芦屋出発に加えて、明石出発も設定しております。(12月実施分のみ)

12月は2泊3日、1月・2月は1泊2日で実施します。

 

《インストラクター情報》

スキー中は、プロのインストラクターがレッスンします。

↓インストラクター(スポーツネットプロスキースクール)についてはこちら

 

《3日間の流れ》

〜 初日 AM 〜

朝、集合してバスで移動します。(京都駅、大阪駅集合の方はJRで芦屋駅まで移動します。)

バスに乗っている時間は休憩も入れて、約3時間ほどで到着します!

現地到着後、昼食を食べます。

 

〜 初日 PM 〜

昼食後、スキーウェア、ゴーグル、ヘルメット(ヘルメットのみ無料貸出し)の装着をします。

できたら早速、ゲレンデへ♪

ゲレンデへの移動時間は、なんと・・・

 

 

 

徒歩で3歩です!

 

全員揃ったら班分けをしてレッスンスタート♪

 

たくさん滑った後は少し雪遊びの時間もあります。

たくさんの雪を満喫♪

 

夜のプログラムのためにお風呂と夕食を済ませます。

夜はクリスマスパーティーということでレクリエーション大会です。

終わったあとは寝る準備をして就寝です。

 

〜 2日目 AM 〜

この日は、1日中たっぷりスキーの日!!!

朝食後、着替えなどを済まし、早速ゲレンデへ!

 

前日に一緒に滑ったインストラクターのところへ行き、班ごとにレッスンスタートです。

初めてスキーをした人もムービングベルト(動く歩道のようなもの)を使ってのレッスンになりますので上達がかなり早いです♪(雪のコンディションによります)

初級者班は慣れてくるとリフトに乗ってのレッスンとなります。

中・上級者は昨日に続きどんどんリフトに乗り林間コースへ。レッスンを受けながらスキルアップを目指します。

 

〜 2日目 PM 〜

昼食も食べて、少し休憩もしたらいざ、ゲレンデへ!

最初はちょっと雪遊びをすることも。。。

午後もたくさんレッスンして、まだまだ雪あそび!チームと部屋でゆっくりチームに分かれて活動します。

 

夜のスキーMTGにむけてお風呂、夕食を済ませます。

夜はスキーレッスンのインストラクターが宿に登場!

担当のインストラクターがスキルアップに向けてワンポイントアドバイスをしてくれます。

こちらからの質問も答えてくれます。

中・上級者班はみっちりスキーの話をしてくれます。

時にはインストラクターも熱くなって、身振り手振りを含めた指導になることも!笑

 

〜 最終日 AM 〜

最終日は帰る日です。

起きて、ごはんを済ませたらまずは帰る準備!

身の回りの整理や部屋の掃除等をします。

そして、最後のゲレンデへ!!

 

最終日はレッスンをしながらできるだけ長い距離を滑ります♪

ちびっこもうまくなり、コンディションが良ければリフトに乗ることもあります。

 

〜 最終日 PM 〜

レッスンが終わったら昼食を食べ、最後にインストラクターからひと言をもらって帰ります。

バスに乗って、芦屋駅へ到着後、各解散場所へ向かいます。

3日間、たくさんスキーができるのが12月のハチ高原スキーキャンプのいいところ!

1月2月は1泊2日になるので、12月分の初日と最終日の流れになります。

2月のキャンプにはSIAジュニア検定があります。

ぜひ、ご参加ご検討ください♪

 

 

↓ イベントページへ戻る ↓

(12月)   (1月)   (2月)

 

【西日本・ブログ】保護者が考える「だからスキーキャンプに参加させる」4つの理由

2018.10.01

【関西・レポート】日帰りスキー / スノイルキッズスキー情報

12月の初滑りにおススメな日帰りスキーキャンプ!

今年度は3日程実施します。

スノイルキッズスキーキャンプも同日程で3日程の実施です。

 

《ゲレンデ情報》

↓ゲレンデ情報はこちら。

 

 

《インストラクター情報》

スキー中は、プロのインストラクターがレッスンします。

↓インストラクター(スポーツネットプロスキースクール)についてはこちら

 

↓ スノイルキッズスキースクールはこちら。

 

六甲山スノーパークは公共交通機関でも移動が可能な場所に位置していて、人工雪関西最速オープンのスキー場です。

ファミリーでも行きやすい場所で今回実施します。

 

《1日の流れ》

朝、集合して各集合場所よりJR・バス・ケーブルを使って移動します。

なかなかケーブルカーに乗ることができませんので子どもたちには大人気です♪

 

到着したら、スキーウェアの着替えなどを行い日帰りスキーチーム、スノイルキッズチームに分かれての活動になります。

 

〜 日帰りスキー 〜

準備ができたらゲレンデ下におりていきます。

初めてから経験者までのお子さんがいるので班分けを行います。

経験者はリフトに乗って、足慣らしをしていきます。

初めての人は緩い斜面からレッスンをしていきます。

 

途中で昼食を食べて班ごとにレッスン再開です。

高学年であれば、最後にはリフトに乗れる可能性もあります♪

初心者の子どもも斜面の中盤から滑ることができるかも!?

 

〜 スノイルキッズスキー 〜

まずはブーツを履きます。

準備運動からブーツや板を履き、楽しみながら準備運動をします。

主に初めての子が対象ですので、遊びの要素も取り入れながらレッスンをしていきます。

板の動かし方や姿勢、止まり方などの動きが分かってくると、人工のゲレンデへ!

ゲレンデでは止まる練習をします。

 

遊び要素たっぷりで楽しみながら滑走し、気がつけばスキーの基礎が学べているというキャンプです。

 

どちらのコースも終わったら、着替えや帰る準備をして、各解散場所へ帰ります。

 

ぜひ、ご参加ご検討ください♪

 

 

↓ イベントページに戻る(日帰りスキー) ↓

(12/8)    (12/15)    (12/16)

↓ イベントページに戻る(スノイルスキー) ↓

(12/8)    (12/15)    (12/16)

 

【西日本・ブログ】保護者が考える「だからスキーキャンプに参加させる」4つの理由

2018.05.01

【関西・キャンプ紹介】空あそびキャンプ

空あそびキャンプ担当のスタッフが

アクティビティ詳細やオススメポイントを紹介します!

 

↓ 空あそびキャンプのオススメポイント ↓

 

「パラグライダーとセーフティートーイングが一度に楽しめる!」

 

当団体は普段はパラグライダーだけの企画がほとんどですが、

今回はセーフティートーイングも同時に楽しめます!

この夏は空で贅沢に遊んでみませんか?

 


セーフティートーイングとは?

トーイングとは、ウインチなどのマシーンを使い、グライダーを地上から引っ張り上げるシステムのことです。凧揚げのイメージに近いかと思います。これにより、操作の不慣れな初級者は低高度で安全に体験できます。

電車のレールのように、両サイドに100mの補助ワイヤーを張ることにより左右へ蛇行したり、5m以上の高さに上らないように調整されています。つまり、座っているだけで、操作を知らなくても真っ直ぐ飛ぶことが出来る仕組みです。

 

体験動画はこちらから

※音声にご注意ください

 



 

パラグライダーとは?

お子様の体に合った道具(ヘルメットやハーネス)と安全性の高いグライダーを使用します。まずはインストラクターの手の届く範囲で練習します。条件が整えば、マンパワートーイング(地上約3M)でフライトします。

ロープでインストラクターと繋がっていますので、もしお子様が操作ミスしても安全に体験できます。

 

体験動画はこちら

※音声にご注意ください

 

空のアクティビティが2つも同時に楽しめるこのキャンプ。

今年の夏の思い出にいかがですか?

 

イベントページはこちら

 

担当 池田すかぶー

    最近の投稿