子どもから大人まで多種多様な自然体験型プログラムを通じてアウトフィッターを育成します。

総合窓口075‑354‑6388

受付時間:10:00~18:00(火日祝休)

fb

youtube

ニュース&ブログ

国際自然大学校 西日本エリアのニュース&ブログです。
各校で開催するプログラムやレポートなどの情報が満載です。

2020.01.17

【西日本・新着】防災減災教育 72時間サバイバル教育協会

本日で、阪神淡路大震災が起こって25年経ちます。

当時私は5歳で京都に住んでいました。京都で震度5です。そのことを今も覚えています。

 

災害発生から72時間を超えると生存率が大幅に下がるといわれています。

みなさんはもし、災害が起こって、「水がなかったら」、「電気がなかったら」72時間生き延びることができますか?

 

そんな非常時に備えて、72時間サバイバル教育協会と協力をしながら防災減災教育プログラムの準備を進めています。

スタッフのメンバーも72時間サバイバル教育協会のコーチやディレクターに認定されたり、無人島に行き、自分たち自身の勉強も進めています。

実際に関西では、2019年度から「もしときサバイバルキッズ」として実施しています。

福岡のほうでもリーダーがトレーニングを積みながら実施の準備をしています。

 

トレーニングの様子下記ブログで。

「減災教育プログラム 指導者トレーニングに参加してきました」

「72hサバイバル教育協会コーチ養成講座」

 

「もしときサバイバル術」という本を使用しながらプログラムを進めています。

この本には「防災減災のいろは・方法・やり方の答え」が載っているわけではありません!

どのようにすればいいのか、どのようにするのかは実際に体験して初めてわかります。

そして、スキル以上にサバイバルマインド(心)が身につきます。

実際、被災した際は十分な道具・資源がない可能性が高いです。

その中でも、自分も人も守ることができるような考える力・人と協力して、助け合っていく力があればみんなで乗り越えていけます。

 

いつ起こってもおかしくないと言われいる今、みなさんも一緒に減災にむけて準備を進めましょう!

 

72時間サバイバル教育協会ディレクター

関西校スタッフ赤尾 操(ロブ)

2019.12.15

【西日本・新着】公式LINEアカウントをご活用ください

友だち追加

 

災害時・緊急時の連絡(参加時)

地震、豪雨など、大きな自然災害が続いています。プログラム実施時に災害が起こった際の連絡手段の1つとして活用することを決定しました。

災害時の連絡体制について

 

災害時、緊急時ではなくても「持ち物の相談」や「ご質問」などは、1:1トークで直接スタッフに問い合わせることができます!

 

 

プログラム最新情報

キャンプの情報、スキーや親子イベントの情報をいち早くお届けします。

キャンセル待ちになってしまうような人気プログラムはLINE@で先に情報をゲットしてください。

また、週末雨だけど変更は?といった「雨天情報」やプログラムの「参加要項」もLINE@からご覧いただけます。

毎週の定期配信をチェックしてください。

 

 

プロが教えるプチ情報

数多くのお子さん向け自然体験プログラムを実施しているスタッフからのおすすめ情報をお届けします。

お子さんがアウトドアで活動する際のポイント、持ち物のこと、服装のこと、遊び場所のこと、道具のこと、関わり方のこと、そとあそびのネタ・あそび方などなど、子どもが育つ場をつくることを仕事にしているスタッフが毎週プチ情報をお届けします!

毎週の定期配信をチェックしてください。

 

2019.11.22

【西日本・ブログ】冬のアウトドアの服装は?

11月も終わりが近づいてきました。

一気に冬らしくなってきたこの時期ですが、どんな服着て出掛けよう。。。と悩むこともチラホラ。

アウトドアではどのように服をきて調整しているのかをご紹介いたします。

 


① ベースレイヤー

一番下に着る肌着のようなものです。

目的:肌をドライに保つこと

吸湿性や速乾性に優れたポリエステルやウールがオススメです。

 


② ミドルレイヤー

真ん中に着る中間着

目的:保温をする、行動しやすい

行動着は、シャツのようなもの。

保温着はフリースのようなものです。

 


② アウターレイヤー

一番外側に着るジャケットです。

目的:雨、風、雪から体を守ります。

防風性防水性のあるものを選んでください。

レインウェアやウィンドブレーカーなど。

 


まとめ

冬でも外で遊びたい!

でも動くと一気に暑くなる。。。

そんなときは、レイヤリングを駆使して、快適で楽しいアウトドアを楽しみましょう!

 

なにかご不明な点がありましたら、気軽にスタッフまでご相談ください!

 

各校のシーズンプログラム一覧はこちら

関西校 シーズンプログラム

福岡校 シーズンプログラム

 

2019.11.15

【西日本・ブログ】子どものスキー&雪あそびの小物、どう選ぶ?

11月に入り、各地で冬の準備が始まっています。

ここ数日は一段と寒くなってきています。

冬の醍醐味の雪あそびやスキー!

とても魅力的なウィンタースポーツも、身に付けるものによては不快になったり。。。

今回は快適なウィンタースポーツにするために、身につけるものを紹介していきます。

動画をぜひごらんください!

 

 


スキー手袋

 

手袋もいくつか種類がありますが、今回は5本指タイプとミトンタイプを紹介いたします。

 

〈ミトンタイプの特徴〉

・指が密着しているため保温性が高い

・着脱が楽

・乾きやすい

 

〈5本指タイプの特徴〉

・指すべてが独立しているので操作性が高い

・汎用性が広い

・一般的で購入しやすい

 

各手袋で特徴が違うので、用途やみなさんの状態に合わせ、お選びください。

 

どちらを使用していただくにしても手首が長いものを選んでいただくと雪が入りにくく快適に活動ができます。


ゴーグル

 

ゴーグルはスキマが空いていないか顔にあたって痛くないかが選ぶポイントです。

 

ゴーグルの役割としては、

雪眼(眼の日焼けのようなもの)の防止

・悪天候時、まぶしい好天時の視界の確保

・ストックや運んでいる時のスキー板などからの顔面の保護

などです。

天候・気温に関わらず、安全に遊ぶための必須アイテムです。

 

キッズサイズのゴーグルにも、

シングルレンズとダブルレンズがあり、一般的にダブルレンズの方が曇りにくいと言われています。

また、メガネを着用したまま装着できるものもあります。

 

 

 


スキーウェア

 

スキーウェアはつなぎのタイプとセパレートタイプがあります。

 

〈つなぎタイプ〉

・セパレートではないので腰付近から雪が侵入しない

・着脱しにくく、トイレがいきにくい

・パウダーガードはついていないことがおおい。

 

〈セパレートタイプ〉

・着脱しやすいのでトイレがしやすい

・足首のところにパウダーガード(雪が侵入を防ぐもの)がついていることが多い。

・雪遊びの際に腰から雪が侵入しやすい

 

 

各ウェアで特徴が違うので、用途やみなさんの状態に合わせ、お選びください。

 


まとめ

スキーウェア、スキー手袋共に特徴が違いますので用途に合わせて選んでいただくことが重要です。

ただ、いくつも購入するには金銭面的に負担がかかる。。。といった課題も。

ウェア→セパレートタイプ

スキー手袋→5本指タイプ

を準備していただくとどのプログラムにも適用します。

 

なにかご不明な点がありましたら、気軽にスタッフまでご相談ください!

 

各校のシーズンプログラム一覧はこちら

関西校 シーズンプログラム

福岡校 シーズンプログラム

 

2019.11.08

【関西・新着】冬アウトドア フィールド紹介 六甲山

今回は僕らがプログラムでよくお世話になっている六甲山カンツリーハウス、六甲山スノーパークの紹介です。

本当によく利用しているので、六甲山カンツリーハウス/スノーパークのことならなんでもわかる!!と自負しています笑

今回はプログラムで使っている場所をベースに、カンツリーハウス/スノーパークの全体像をお伝えいたします。

土日祝日は来場者も多く人気の場所です。

親子のレジャーにオススメです!

 

まずは、カンツリーハウスからの紹介です。

カンツリーハウスのど真ん中にはなにがある!?

○ペダルボートができる池

この池ではベダルボートに乗れます。

池の上を優雅に楽しみましょう。

○わんぱくスキー場

芝のうえでソリ滑りができます。

そりはレンタルできますよ〜

○ドックラン

斜面を利用してワンちゃんが走り回る!

ドックランのフィールドの周りには柵がしてあるので安心です。

 

カンツリーハウスの奥には何がある!?

○魚釣りができる池

奥の池は静かな池になります。

魚釣り体験もできますよ。

○ペアリフト

リフトに乗って、六甲山ガーデンテラスへ!

ガーデンテラスからの景色は最高です!

○BBQ場

ふらっとBBQを楽しめます。

屋根付きなので雨が降ってもバーベキューを楽しめます。

 


つぎに、六甲山スノーパークの紹介です。


関西最速オープンのスキー場!

今年度のオープンは11/16(土)です。

 

西入り口入ってすぐの右手の建物がウェアレンタルの場所です。

そして入り口入ってすぐ左手がゲレンデになります!

 

ゲレンデは初心者にも優しい緩やかなゲレンデです。

スキーシーズンに突入する前の足慣らしや、初めてだけど遠くのスキー場に行くのはなぁという方にオススメです!

 

ゲレンデの下には暖房付きの建物があり、休憩スポットがあります。

自動販売機もあるので休憩にオススメです。

 


六甲山カンツリーハウスと六甲山スノーパークは同じ場所ですが、オープンしている時期が違います。

 

六甲山カンツリーハウス:2019年11月24日(日)でクローズ

六甲山スノーパーク:2019年11月16日(土)からオープン

 

なので、11/16(土)〜11/24(日)までの間はカンツリーハウスとスノーパークが期間限定で同時オープンしています!!

 

同時オープンしている時期はこの時期だけ!

どっちも贅沢に楽しみたい方はこの9日間がオススメです!

 

ウィンターシーズン最初のアウトドアレジャーにいかがですか?

 


 

関西発 自然体験プログラム

2019.08.31

【関西・レポート】海ぞくいかだキャンプ

夏キャンプの最後は、海ぞくいかだキャンプ。

3日間海ぞくになりきり、いかだを作って海へ漕ぎ出します!

 

初日は、班でチーム作り。

遊びながら班のメンバーとの距離を近づけていきます。

 

海ぞくアイテム第1弾!

海ぞく旗つくり。どんな海ぞく旗しよう。。。

班でおもいおもいの海ぞく旗を作りました。

 

夜ご飯はカレー作り。

海ぞくたるもの自分でご飯を作れなければ!

慣れない包丁でも使いこなせるように必死です。

 

野菜の皮でヒゲに。

この子はこのあと「提督!」と呼ばれていました笑

 

2日目は海遊び!

海で遊びながら、いかだを作るために、どんなものが浮くか、どんないかだにしようか?を考えながら遊びました。

 

 

午後からは設計図を作り、班で1つのいかだを作り上げます。

どんないかだになるかな?

 

最初は紐で木材をつなげていましたが、持ち上げてみるとすぐバラバラに笑

スタッフに頑丈な結び方を教えてもらい、木材をつなぎ合わせます。

 

ペットボトルも浮きとして利用。

ペットボトルを繋ぎ合わせるのは意外と難しい!

 

いかだが完成して、いかだ発表会!

班ごとに様々な形でこだわったポイントもたくさんありました。

 

 

2日目夜は「海ぞくパーティー!」

いまからパーティーの準備をしよう!

初日の夜も自分たちでご飯を作ったので、調理や火つけはお手のもの。

 

指名手配犯がたくさん登場笑

 

 

3日目はいかだを海に浮かべていかだレース!

海に浮かべてみるといかだがバラバラに!ピンチ!

試行錯誤していかだを修正します!

 

 

 

 

 

 

自分たちで作ったいかだの乗り心地は班ごとに違いましたが、自分たちで作り上げたいかだには愛着があるようでした。

 

夏キャンプは海ぞくいかだキャンプで全て終了です。

2019年度もみなさまご参加ありがとうございました!

 

スタッフ 池田すかぶー

最近の投稿