子どもから大人まで多種多様な自然体験型プログラムを通じてアウトフィッターを育成します。

総合窓口075‑354‑6388

受付時間:10:00~18:00(火日祝休)

fb

youtube

ニュース&ブログ

国際自然大学校 西日本エリアのニュース&ブログです。
各校で開催するプログラムやレポートなどの情報が満載です。

2019.08.09

【関西・レポート】はじめての親子キャンプin百井

7月の後半は親子キャンプウィーク。

今回の親子キャンプは京都市にある「百井」という地域での実施でした。

この場所は、標高645mに位置しながら、地形の関係で京都の都心部よりも5℃以上低い、京都の避暑地です。

そんな場所での親子キャンプ。

平日ということもあり、小さいお子さんとお母さんという組み合わせが多く見られました。

活動が始まるとまずはテント設営。

初めてのテント設営でもスタッフと一緒に建てていくので安心。

「テントで寝ることが楽しみ!」と小さいお子さんも頑張りました。

 

次は冷たい山の川で川遊びや、ロープクライミング、ハンモックなどなど。

ご家族ごとに、ご家族に時間を過ごしていきます。

 

夜ご飯はダッチオーブンで贅沢キャンプクッキング!

今回のメニューは、

・ローストチキン

・ミネストローネ

・炊き込みカレーピラフ

・スライス焼きりんご

 

なかなかお家では扱うことのないダッチオーブンを使い、ほろほろのチキンも美味しく出来上がりました!

 

朝ごはんはホットサンド。

ホットサンド機にパンを挟み、美味しくいただきました。

 

たまにマシュマロを挟みつつ。。。笑

 

昼ごはんはピザ作り!

スタッフお手製のピザ釜を使った、モチモチピザが出来上がりました!

 

美味しいご飯と親子の時間を大事にしたこのキャンプ。

家ではなくアウトドアで過ごす親子の時間は、親も子もなく同じ立場で遊べて親も子も笑顔で楽しい2日間になったようでした。

 

スタッフ 池田すかぶー

2019.07.19

【西日本・新着】夏キャンプの持ち物何入れる!? (お子さん向け)

なつまつりもはじまり、もうすぐなつキャンプ!!

 

なつキャンプにいくまえは、おうちでにもつのじゅんびをしよう!

にもつじゅんびのポイントは3つ!

 

1.じぶんでじゅんびをしよう!

キャンプにいくとじぶんでにもつのかたづけやせいりをしなければいけません。じぶんでおかたづけをできるように、おうちでじゅんびをするときからじぶんでじゅんびをしよう!!

 

2.ちいさいものにもなまえをかこう!

ほかのおともだちのにもつとまじってしまったり、ちいさくておとしてしまうこともあるので、ちいさくてもなまえをかこう!

 

3.おおきいかばんとちいさいかばんにわけよう!

 

いどうのときやげんちについてすぐにひつようなものは、ちいさかばんにいれよう!おべんとうとすいとうや、しおりもわすれずに!

 

じぶんのことはじぶんでできるようにチャレンジしよう!

 

夏キャンプでまってるよ!

 

関西校 夏キャンププログラム

 

福岡校 夏キャンププログラム

2019.07.12

【西日本・新着】どう見る!? 天気予報

 

梅雨時期に入り、不安定な天候が続いております。。。

そんなときも含めて、私たちがどのように天気予報を見ているのかをご紹介いたします。

これからのレジャーシーズンのご参考にしてください!

 

Q.参考にしている天気予報サイト

1.ウェザーニューズ

2.Yahoo!天気

3.GPV天気予報

主には上記の3つです。

各天気予報サイトの参考しているデータが違うのですべてチェックしながら総合的に判断しています。

 

Q.天気予報のどの情報を見ているのか?

天気予報サイトにいくとたくさんのデータ、予報があります。

その中で確認している情報を簡単にご紹介いたします。

1.晴れ、曇り、雨などの天候、気温

外で行うのか、レインウェアを着てプログラムを実施するのかを判断

2.降水量、(降水確率)

→もし、雨マークならどれぐらいの雨量があるのかを確認

降水確率も確認しますが雨量がわからないので参考程度としています。

3.風

→プログラムによっては風を利用するので想定するために

 

4.天気図

→結構重要です。天気図をみて前線の動きなどをみることである程度の予想などがわかるので必ず確認しています!

上記にプラスして夏場には…

暑さ指数(WBGT)を確認しながら、熱中症への対策もしながら実施しております。

〇活動中には・・・

天気を確認していても、活動中に雲行きが怪しくなってきたな。。。

という日は少なくありません。

動画ではお話していませんでしたが、そんなときは各サイトの「雨雲レーダー」を確認しながら実施しています。

雨雲が近づいてきそうであれば、

レインウェアを着る、屋内にいつでも逃げれる準備をする、早めに活動を終える

など対策をしております。

それでも、雨雲レーダーに映らない雨もありますのでお子様と一緒に外で活動するときはサイトにすべてを頼るのではなく、自分たちの感覚も大事にしてもらうとより安全に活動ができると思います!

 

以上、簡単ですが天気予報の見方でした!

今からでも簡単にみることができるので是非、試してください!

 

この時期は、天気予報を何回も確認する毎日が続きますが天気を見ながら安全なレジャーを楽しんでください♪

 

関西校 夏キャンププログラム

 

関西校予約 フォーム

 

2019.06.28

【西日本・新着】川あそびの安全管理について

いよいよ夏目前。

水遊びの安全管理について、キャンプで気をつけていることや、

これからのシーズンのレジャーに参考にしていただくための情報をご紹介します。

 

① 天候

・雷がなったら即避難!

・前日当日の天気をもとに、水量を調査&予測

・当日の日差しや気温による、熱中症対策

 

② 水量・流れ

 

・対象年齢に合わせたフィールド選び

・溺れる深さ「3cm」

・溺れなどがすぐにわかるよう川の横に全体が見えるスタッフの配置

・最上流/最下流にスタッフの配置

 

③ 装備

・ライフジャケットの着用

・かかとのある/足にフィットした靴

・全身の肌を隠せる服装

 

④ 生き物

・マダニ/ヒルを寄せ付けない為の服装

 

以上です。

ご不明点などございましたら、お気軽にご質問ください!

LINE@

https://line.me/R/ti/p/%40ypu4522o

1:1トークから個別にやりとりが可能です。

関連ページ

【西日本・新着】荷物準備パッキングについて

 

【西日本・新着】熱中症対策について

 

 

関西校

予約フォーム

 

 

 

福岡校

予約フォーム

 

 

2019夏キャンプ紹介

 

キャンプの選び方

【福岡校・新着情報】夏キャンプ選び方「あなたはこのキャンプへ!」

 

2019.06.21

【西日本・新着】水遊びの服装について解説


いよいよ夏目前。

川あそび・海あそびにおける服装について説明いたします。

 

例えば、尖った枝の先、岩、海ならば岩牡蠣の貝殻、クラゲなど、

水辺の活動には、「溺れ」以外にもリスクがあります。

 

存在するリスクをコントロール(体験できるものに)することで「体験」が生まれ、その体験が「学び」につながります。

 

リスクをコントロールする対策の中の1つが服装です。

 

普段、ご家庭で遊ぶ場合と比べると少し大げさな服装かもしれませんが、

服装でリスクが管理でき、安全が広がるのであれば、できる対策はしておこうと考えています。

ご協力をお願いします!

 

 

 

ぼうし

水に濡れてもいいもの。

日差しから守ることを考えるとハットがオススメ。

あごひもがあるものがオススメ。

 

 

ラッシュガード(長袖)

なるべく露出を避けたいので、長袖を。

速乾の長袖でも可。

 

水着・短パン

ハーフパンツタイプの水着か、乾きやすいもの短パン

 

 

ラッシュガード下(レギンスタイツ)

これがなかなかお店で見つけにくいかもしれません…

 

楽天市場での検索

https://search.rakuten.co.jp/search/mall/ラッシュガード+レギンス+キッズ/

 

 

薄手の速乾性のある長ズボンでも可。

 

 

くつ下

足首の保護のために着用します。

濡れてもいいものをご用意ください。

 

 

マリンシューズor濡れてもいい靴

 

 

かかとのある靴タイプをご用意ください。

マリンシューズでなくても、濡れてもいい運動靴、体育館シューズでも可。

 

 

なお、宿泊プログラムで、翌日も水辺の活動がある場合は、

キャンプサイトで干して、翌日も同じものを使うことが可能です!

 

 

 

 

以上です。

ご不明点などございましたら、お気軽にご質問ください!

LINE@

https://line.me/R/ti/p/%40ypu4522o

1:1トークから個別にやりとりが可能です。

関連ページ

【西日本・新着】荷物準備パッキングについて

 

【西日本・新着】熱中症対策について

 

 

 

 

 

福岡校

予約フォーム

 

 

2019夏キャンプ紹介

 

キャンプの選び方

【福岡校・新着情報】夏キャンプ選び方「あなたはこのキャンプへ!」

 

 

 

関西校

予約フォーム

 

 

 

2019.06.20

【西日本・新着】よくある質問(Q&A)

みなさまからいただくよくある質問をまとめました!

Q.はじめて(一人で)参加させるので不安ですが、大丈夫ですか?
Q.女の子の参加もありますか?
Q.スタッフはどんな人達ですか?
Q.お友達と一緒の班になれますか?
Q.親はプログラムの見学に行けるのでしょうか。
Q.事故防止についてどのような対策がとられていますか?
Q.もし子どもがプログラム中に事故にあったならどうなるのでしょう。
Q.キャンプ当日、雨の場合はどうなりますか?
Q.喘息や、アトピーの持病があるのですが大丈夫ですか?
Q.アレルギー食は対応していただけますか?
Q.『おねしょ』が心配ですがオムツなどの対応はしてもらえるのですか?
Q.お風呂には入れますか?
Q.キャンプで特に必要なものはありますか?
Q.キャンプの様子はどのようにしたら知ることができますか?
Q.キャンセル料は必要ですか?

 


 


Q.はじめて(一人で)参加させるので不安ですが、大丈夫ですか?
A.1983年からはじまった国際自然大学校には長い実績と経験があります。年間を通して数多くのトレーニングを重ねたキャンプカウンセラー達の指導のもとで、子ども同士が仲良くなれるようにプログラムを実施しています。参加者の半分は一人で参加しますので、初めての方もご安心ください。


Q.女の子の参加もありますか?
A.キャンプ(活動)に参加する女の子の割合は約40%です。スタッフの中には女性もいます。安心してご参加ください。


Q.スタッフはどんな人達ですか?
A.職員のプロフィールについてはスタッフ紹介のページをご覧下さい。このほかに、学生スタッフが関西に約90名、福岡に約40名が在籍しています。


Q.お友達と一緒の班になれますか?
A.参加者の年齢、男女比、兄弟、お友達参加などの情報をもとに班編成を調整いたします。できる限りみなさまのご要望に添うようにさせていただくようにさせていただきます。
しかしながら、お一人でご参加される方もおられますのでご希望通りにならない可能性もございますのでご了承ください。


Q.親はプログラムの見学に行けるのでしょうか。
A.基本的には出来ません。ただ、プログラムによっては親子で参加できるものや、現地集合解散のものがあります。


Q.事故防止についてどのような対策がとられていますか?
A.安全管理(リスクマネジメント)が最優先だと考えており、リスクマネージャー、リスクマネジメントディレクターを配置しております。学生スタッフにも毎週に実施している研修の中にもリスクマネジメント研修を取り入れており、危険に対しての理解を深めております。
同行する全職員はMFA(メディック・ファーストエイド者(R)の救急法小児コースを履修しております。

【健康管理】
1グループ6~10名の子ども達に対して1~2名のキャンプカウンセラーがつき、子どもたちの健康状態を把握します。そして、子どもたちが就寝した後、ディレクターとの全体ミーティングで子ども達の健康状態をチェックしています。
【安全管理】
主なスタッフが事前にフィールド(活動場所)の下見を行い、あらかじめ危険箇所の把握をした上で活動を行います。また、プログラム運営担当のディレクターが、キャンプカウンセラーのサポートとして、子どもたちの安全管理に注意を払います。
活動の実施前にはセーフティトークを行ってから活動をスタートいたします。


Q.もし子どもがプログラム中に事故にあったならどうなるのでしょう。
A.そのようなことがないよう十分に注意いたしますが、万が一事故が起こった場合は、精一杯の対応をさせていただきます。応急手当をした後、保護者の方と連絡をとりつつ、必要に応じて医療機関へ搬送します。また保険の面では、ネットワーク団体保険、国内旅行傷害保険に加入しておりますので、その範囲内で手当させていただきます。


Q.キャンプ当日、雨の場合はどうなりますか?
A.プログラムにより対応は異なりますが、多少の雨の場合でも、レインコート等を着て野外での活動を行います。(屋根を確保した状態での実施となります。)ただし、野外での活動が難しい場合は、室内プログラムに変更となる場合がございます。また、交通機関等に支障が出るような荒天時の場合は、前日までに中止もしくは変更のご連絡を差し上げます。


Q.喘息や、アトピーの持病があるのですが大丈夫ですか?
A.webにて参加申込書の健康調査の欄に、様子を詳しくお書き下さい。また普段飲んでいるお薬の服用の仕方をご記入いただき、お薬も持たせて下さい。当日、受付時にスタッフにお薬を渡していただければ、私どもで対応します。ご心配な方は事前にご相談ください。


Q.食物アレルギーは対応していただけますか?
A.食物アレルギーはある程度対応させていただいております。
食物アレルギーをお持ちの方は、webよりアレルギー欄に詳細をご記入ください。アレルギーの程度によりその情報をもとに担当スタッフより


Q.『おねしょ』が心配ですが対応してもらえるのですか?
A.事前に保護者からの連絡があれば(申込書に記入)、夜中でも子どもを起こしてトイレへ連れて行きます。カウンセラーは、ミーティングの途中に各部屋(各テント)を見回りし、夜中の1時過ぎに就寝することもあります。


Q.お風呂には入れますか?
A.活動によってさまざまですが、キャンプ中ということで、長い時間は入浴できません。またはシャワーのみの場合もあります。自宅に帰ったら、ゆっくりとお風呂に入れてください。


Q.キャンプで特に必要なものはありますか?
A.特に難しいものはありませんが、リュック、靴、レインウェアはきちんとしたものを揃えていただいたほうがよいです。特にレインウェアは上下セパレートの物をご用意ください。詳しくは申込後に送付いたします参加要項をご覧下さい。

【雨具】
上下セパレートの丈夫なものが望ましいです。(アウトドア用品店等でご購入いただけます)ただし、どうしてもセパレートのものが用意できない場合は、丈が長めもの(腰から膝丈くらいのもの)をお持ちください。
【軍手】
野外炊飯などがあるキャンプではご用意ください。綿のものが望ましいです。(ホームセンター等でご購入いただけます)

【水靴】
川での活動がある場合のみ必要です。かかとがついているものが最適です。水に濡れても良い古い運動靴でも良いです。ビーチサンダルは避けて下さい。スポーツサンダル(足首で止められるようになっているもの)であればOKです。足を切ったり砂利でこすれるのを防ぐため、靴下を履いてから靴やサンダルをはくようにしています。


Q.キャンプの様子はどのようにしたら知ることができますか?
A.活動の様子をオンラインアルバムにて活動写真をご覧いただくことができます。
オンラインアルバムの情報につきましては、各キャンプの実施前にお渡しさせていただきます。


Q.キャンセル料は必要ですか?
A.「キャンセル料規定」のページをご覧下さい
詳しくはこちら

最近の投稿