子どもから大人まで多種多様な自然体験型プログラムを通じてアウトフィッターを育成します。

総合窓口075‑354‑6388

受付時間:10:00~18:00(火日祝休)

fb

youtube

総合TOPへ

ニュース&ブログ

国際自然大学校 西日本エリアのニュース&ブログです。
各校で開催するプログラムやレポートなどの情報が満載です。

2019.10.18

【福岡・雨天情報】10/19,20アースレンジャー

アースレンジャー ベーシック  10/19(土),20(日)

→予定通り実施いたします。

晴れプログラム:草スキー

参加要項

 

 

2019/10/18  19:00

 

 

【福岡校・新着情報】アースレンジャー 日程変更について

 

 

2019.10.18

【福岡校・新着情報】これからの学び方って?

森のようちえん、おもしろい。

学びの秋。

 

日本アウトドアネットワークの秋の総会が島根県出雲で行われたので行ってきました。

 

日本アウトドアネットワークは、僕らと同じような自然体験やアウトドアを使った教育、場づくりをしている民間のネットワーク団体です。

 

 

島根県やその周辺で活躍している仲間の事例発表や意見交換の場です。

 

その中でも特におもしろかったのが、

 

島根県津和野町で 森のようちえん の活動をされてる

 

うしのしっぽさんの情報提供。

 

 

基本的には、今ここで起こっているプロセスを信頼して「待つ保育」。

関わり方や活動自体は、アースレンジャーと近いものがあります。

 

 

 

ただし週5日の平日、一般的な保育園や幼稚園と同じように毎日通えます。

 

こういった形の「森のようちえん」は全国的に広がっており、ニーズの多様化や待機児童などの問題を背景に、認可制度などが進んでいる自治体もあり注目を集めています。

 

さらに、我が国際自然大学校は実は、森のようちえんネットワークの中心的な立場でもあるんですが…

 

 

あらためて、おもしろい。

 

今のアースレンジャーの形では土日の活動になるので、

働いているお父さんお母さんにとっては、土日くらいわが子と時間を共有したい。

むしろ平日にのびやかに自然の中で遊べる場があったらなぁー。

と言った声もあるのではないか…

 

と最近思っているので、平日森のようちえん、あるいは平日放課後のアースレンジャー、そのあたりのヒントにできたらなぁと考えています。

 

ご意見、お待ちしております!

 

 

教育の魅力化に成功した島

せっかく島根まで行ったので、その足で隠岐島の海士町に行ってきました。

島唯一の高校で廃校寸前だった、島前高校の魅力化プロジェクトと、

 

その結果、高校への島留学が増え生徒数が回復しているだけでなく、IターンやUターンで移住する若者世代も増え、人口減少にも歯止めがかかっているという島です。

 

廃校寸前だった離島の高校に、日本中から生徒が集まる理由

https://diamond.jp/articles/-/173025

 

詳しい説明は割愛しますが、公立の塾「学習センター」を設立することで他にはできない「新しい学び」を創り出しています。

 

新しい学びってなんだ?というと、以下のように感じました。

 

 

探求型であること

答えはないものを一緒に考える

 

 

自分のくらしや生活につながっていること

自分たちの問題であること

 

自分で選んで決めること

やらせれるのではなく、やりたいとなっていること

 

 

 

具体的には、こんなことをゼミ形式で進めているとのこと。

 

 

 

地元の食材の商品化を目指していたり、

部活を徹底的に科学するチームがあったり、(どうやったら強くなるかなど)

 

などなど。

 

こういった学びを強力にサポートする体制がありました。

資金面、島ぐるみのバックアップ、優秀なコーディネーター…

 

アースレンジャーなどの僕らのプログラムでも、

・探求型であること

・自分のくらしや生活につながっていること

・自分で選んで決めること

 

は、どんどん取り入れていこうと思っています。

 

 

 

森のようちえんの事例、教育の魅力化で成功している事例を肌で感じて、

「学びってなにか」について改めて考える機会となりました。

 

あとは、どちらも事例も周りをうまく巻き込んでいる…

 

保護者のみなさんと

子どもたちを一緒に育てる仲間としてプログラムを進めることが、

実は一番大事なことだと感じています。

 

 

 

福岡校担当スタッフ 野田隆太 れお

 

1987.7.7 愛知県 生

2011.3- 立命館大学 卒業

2011.4- 一般財団法人PENS(現 関西校)
2015.4- 福岡校 担当

 

小学教諭免許・中学高校教諭免許

WFA:ウィルダネスファーストエイド

MFAチャイルドケア+:メディックファーストエイド

消防 応急手当普及員

 

 

 

 

予約フォーム

 

 

 

 

2019.10.11

【福岡校・新着情報】プログラムの秘密?!

例えば、スキーや無人島、ひみつきち・・

といったアクティビティの見える部分のみが伝わりがち。

 

でも、

僕らのプログラムの本当の「楽しさ」とか「価値」はそこではないんです。

 

楽しいって何か。

 

僕らは、「楽しませるのが上手い」んじゃないです。

 

楽しい場を一緒につくろう、と働きかけ、

参加者が主体的に楽しもうとするから、

結果的に楽しいものになる可能性が高い。

 

「こうしないといけない」をできる限り排除して、

自分で考えてOKだよ、やってみてOK、という場を作り、

主体性が動き出したらそれを徹底的にサポートする。

 

だから、楽しいんです。

 

 

何かよくわからんけどやらされているコトと、

こうやってみよ…と心の中でニヤニヤ企んでやっているコト

同じ活動でも、楽しさは全然違うと思いませんか。

 

「楽しい」場、どれだけあるか。

 

 

先ほど説明したような「楽しさ」が、人を育てます。

つまり、主体的でワクワクして、心の中でニヤニヤしてしまいような場が人を育てる。

 

では、いま周りに

どれだけ「楽しい」が保障された場 ありますか?

 

 

学校も塾もスポーツスクールも、学童保育でも家庭でも…

こうやってみよ…と心の中でニヤニヤ企んでるような時間、

 

お子さんの周りにどれだけ保障できていますか。

 

 

 

「あそび」がカギ!

 

こうやってみよ…と心の中でニヤニヤ企んでるような時間って、「遊び」で生まれていました。

 

近所の公園で集まって、

ニヤニヤしながら秘密基地を作って、

だれかの弟も混じって遊べるようにルールを変えながら野球をし、

親に見つかったら怒られるやろな…

っていうイタズラをハラハラしながらする。

 

 

こうやってみよ…と心の中でニヤニヤ企んでるような時間は

答えやこうなってほしいという、

大人の思惑がスケスケの場では生まれにくいです。

 

 

僕らの役割。

 

 

僕らスタッフは安全管理しつつ、時にはそそのかして、

時には間に入って、時には大人も勝手にワクワク遊ぶ姿をみせつつ、

 

子どもたちがワクワクしてニヤニヤ企んでるような場を作るために

 

過不足なく関わるようにしています。

 

 

 

もちろん、「面白そうなイベントへ参加させる!」でも歓迎です。

 

もう一歩、「なぜ楽しいのか」興味を持っていただけたなら、

ぜひ活動の趣旨や方向性にもご理解いただけたらと思います。

 

 

ご参加お待ちしております。

 

 

19-20 冬プログラム一覧

 

 

福岡校担当スタッフ 野田隆太 れお

 

1987.7.7 愛知県 生

2011.3- 立命館大学 卒業

2011.4- 一般財団法人PENS(現 関西校)
2015.4- 福岡校 担当

 

小学教諭免許・中学高校教諭免許

WFA:ウィルダネスファーストエイド

MFAチャイルドケア+:メディックファーストエイド

消防 応急手当普及員

 

 

 

 

予約フォーム

 

 

 

 

秋の日帰りプログラムまとめ

 

 

 

2019.10.03

【福岡校・新着情報】2019-20 冬プログラムまとめ


福岡発は、シンプル2パターン!

 

宿泊か、日帰りか。

 

ただし日帰りは、スキーゆきあそびを選べて、

1/6(月)2/2(日)2回やります。

 

 

つまり、

 

<日帰り 2日程>

1/6(月)  ゆきあそび日帰り

 

・1/6(月) スキー 日帰り

 

 

・2/2(日) ゆきあそび日帰り

 

・2/2(日) スキー日帰り

 

 

そして、<宿泊(1泊2日)1日程>

 

2/22(土)-23(日) スキー1泊2日

 

 

以上、3日程5つのプログラムです!

 

 

なお、まだ詳細未定ですが3月に、

飛行機で長野まで行くプログラムも企画中です。

こちらの募集は年明けになりそうです。

 

宿泊がオススメです。

1泊することに抵抗がないのであれば、ぜひ宿泊を選んでください。

2日あれば、日帰りよりものんびり楽しめます

スキーは滑れば滑るほど上達しますし、天気のリスクも一発勝負ではなくなるので初日あまり天気が良くなくても次の日は新雪のふかふか!なんてことも。

 

>2/22(土)-23(日) スキー1泊2日

 

 

1/6(月祝)、2/2(日)の日帰りプログラムは、ゆきあそびかスキーか選んでいただけます。

オススメはスキーです。

一番おもしろい雪遊びがスキーだと思っています。

ソリよりも自由がきくし、何より上の方から長いこと滑って来れます!

 

スキーは、小さなお子さんでも基礎から覚えれば滑れるようになります

もちろん、教えるのは僕らスタッフですので、いつものように遊びながら。やりたい!をうまいこと引き出しながらレッスンを進めていきます。

 

1日でどれだけ上達するかはわかりませんが、「またスキーしたい!」と思ってもらえる進め方をしますので、長い目で見れば上達も、間違いなし。

 

小学1年生からにしていますが、ご本人のやる気があれば年長さんでもご相談ください!

 

 

>1/6(月) スキー 日帰り

 

 

>2/2(日) スキー日帰り

 

 

雪が積もった山の景色。

風を切って滑っていく楽しさ。

冬の寒さ、雪の冷たさ。

できなくても、できるようになるんだという自信。

知らないメンバーの中で、友達ができるうれしさ。

 

 

どれも体験しないとわからないことです。

 

興味をもったなら、気になったなら、やってみる価値はあります

 

 

LINEやメールでのご質問も承ります。

 

 

 

 

<日帰り 2日程>

1/6(月)  ゆきあそび日帰り

 

・1/6(月) スキー 日帰り

 

 

・2/2(日) ゆきあそび日帰り

 

・2/2(日) スキー日帰り

 

 

そして、<宿泊(1泊2日)1日程>

 

2/22(土)-23(日) スキー1泊2日

 

 

 

 

予約フォーム

 

19-20 冬プログラム一覧

 

 

 

 

秋の日帰りプログラムまとめ

 

 

書いた人

福岡校スタッフ 野田

 

 

 

2019.09.26

【西日本・新着】なぜ!スキーなのか!?

毎年、たくさんのスキーキャンプを行っています。

 

初めてスキーに挑戦する子から、足をそろえて颯爽と滑ることができる子まで、参加者のスキーレベルは様々です。

 

1.雪の上の楽しさを全身で味わうことができる!

スキーの魅力は雪の上を滑る爽快感、上達する楽しさや、それによって得られる充足感や達成感、冬の自然を感じられることなどがあります。

それらを全身で味わうこともスキーキャンプのねらいの一つです。

 

 

2.上達するプロセスこそ学び。

子ども達がスキーキャンプで得るものは、スキーの技術だけではありません。

レッスン中の練習過程で「感じ、考え、行動する」という体験学習のサイクルを何度も繰り返します。

その中で、転んでもめげない強い心や、ひとつ上のレベルに挑戦する向上心や勇気などを育むことができます。

 

 

3.仲間集団から思いやりが生まれる

また、自分自身のスキーレベルを上げることだけを考えるのではなく、一緒にレッスンを受けている仲間のことを励ましてあげたり、待ってあげたり、時には助けてあげたり、逆に助けてもらったり…といった中で、自然と思いやりや仲間意識も芽生えます。

それが、スキーだけでなく生活も共にしながら行うスキーキャンプの特色です。

 

 

4.自然の中での遊びはそのまま学びに。

もちろん環境への負荷や楽しいだけでない自然の厳しさ(冷たさ、寒さなど)も考えなければなりません。しかし、そういうことに気づく感性や、何事も乗り越える強い精神力を養うことが、スキーキャンプの意義だとも考えています。

 

 

 

特に私たちスタッフが関わることで「小さな達成感が、大きな自信に」変わると考えています。

 

 

 

①お子さんの気持ちや気づきを大切にします。

スキーのときはゼッケンをつけますが、番号で呼ぶことはまずありません。

必ず名前で呼ぶようにしています。

スキーをする過程で起こる気持ちの変化や気づきを大切にするために一人ひとりに丁寧な関わりをしています。

 

 

②担当リーダーが24時間そばにいます。

食事のときもお風呂も寝ているときも、担当のスタッフが24時間生活を共にします。

 

 

③安全をすべてにおいて優先します。

スキーを通して、達成感や自信を持って帰ってもらうためにはケガなく元気にご家庭に帰ってもらうことが重要です。

少しでも不安がある場合はインストラクターとも相談を行い、安全を優先します。

 

 

「雪」という“非日常”の力をちょっと借りて、お子さんにやる気を引き出したい。そこから生まれた小さな「できた!」は、雪のように降り積もって、いつかお子さんにとって、大きな自信にかわると信じています。

ぜひ、この冬にスキーをしてみませんか?

 

保護者が考える4つの理由「だからスキーキャンプに参加させる」はこちら!

【西日本・ブログ】保護者が考える4つの理由「だからスキーキャンプに参加させる」

 

 

 

2019-20冬プログラムは、10/4(金)募集スタート!

 

関西発 自然体験プログラム

 

福岡発 自然体験プログラム

2019.09.20

【福岡校・新着情報】QOOOPスポーツスクールとのコラボについて

福岡校は、東区にあるQOOOP(クープ)スポーツスクールと協働プログラムを展開しています。

 

<具体的にやっていること>

① アウトドアアクティビティ提供

2ヶ月に1度、スポーツスクール生向けに毎週のトレーニングの成果を試すことができるアウトドアでのアクティビティを実施しています。

 

ex) 7月 シャワークライミング、9月 SUPなど

 

 

② トレーニングの考え方を共有

概ね月1回、指導者同士の情報共有の場を設け、カラダを動かすコツを掴む→カラダの使い方が自然と上手くなっていくQOOOPスポーツスクールのトレーニングの考え方の情報を共有してもらっています。

 

写真提供:QOOOPスポーツスクール

 

 

<なぜ協働しているか?>

カラダを使って遊ぶ機会(時間・空間・仲間)の減少という社会課題をどうにかしたいという共通の想いがあります。

 

スポーツ=勝ち負け、優劣 だけではなく、

シンプルに「カラダを動かすことは楽しい」ということを伝えたいという想いに共感しています。

 

これまでの自然体験プログラムに、「カラダを動かすコツを学ぶ」QOOOPスポーツスクールの考え方を取り入れることで、参加していただくお子さんにとって、より価値のある場となることを目指しています。

 

 

 

QOOOP(クープ)スポーツスクール

遊びは最強のトレーニング。

運動が好きな子も苦手な子も、楽しみながらカラダを動かす。

カラダの使い方が自然と上手くなる。

QOOOPスポーツスクール HP

 

スポーツスクール情報

実施日:室内 毎週火曜  17:00〜18:30

:アウトドア 約2ヶ月に1度 土日 終日

場 所:QOOOP FUKUOKA (東区唐原4丁目6-36)

コーチ:西丸たいちコーチ

対 象:3歳〜12歳

月 謝:8,000円(税込)

アウトドア予定:

9月 SUP

11月 ロープクライミング&スラックライン

1月 ボルダリング

3月 トレッキング

 

詳細は、QOOOPスポーツスクールへ直接お問い合わせください。

 

 


 

 

秋の日帰りプログラムまとめ

 

予約フォーム

 

 

最近の投稿