子どもから大人まで多種多様な自然体験型プログラムを通じてアウトフィッターを育成します。

総合窓口075‑354‑6388

受付時間:10:00~18:00(火日祝休)

fb

youtube

総合TOPへ

ニュース&ブログ

国際自然大学校 西日本エリアのニュース&ブログです。
各校で開催するプログラムやレポートなどの情報が満載です。

2019.04.15

【福岡・レポート】MFA応急手当トレーニング2019

福岡校の学生スタッフ向けに応急手当の資格研修を実施しました。

普段からお子さん向けプログラムで指導者として関わる学生スタッフ向けの講習は、

メディックファーストエイド(MFA)

https://www.mfa-japan.com/

のチャイルドケアプラスというコースを採用しています。

 

 

救急車が来るまでの生命の維持に関わる数分間をどう過ごすのか、

子どもの場合は?

AED使い方わかっているようでわかってない?

心肺蘇生法(心臓マッサージ、人工呼吸)、最新の効果的な手順は?

 

わかっていることと、「いざっ」という時にとっさにできるかは別です。

シミレーションして手順を覚えます。

 

 

午後からは、出血に対する対応や喉づまり、発作や毒虫やヘビにかまれたらどうするか、

熱障害、低体温症、などなど、

 

より普段の活動中に起きうる事故や怪我への対応を学んでもらいました。

 

 

1日の講習プログラムでしたが、夜間は定例の研修会でおらさい。

インプットした知識とスキルをさっそくアウトプット。

 

1日の講習で一気にスキルや知識が向上するわけではありませんが、定期的に考えておく、怪我や事故に対する意識を高めておくことが大切だと考えています。

 

まずは事故やケガが起こらないリスクマネジメントを。

起こってしまった時に、冷静に判断し対応できる知識とスキルを。

 

普段から下見やミーティングにおいて、活動中のリスクマネジメントへの意識を高めていますが、みっちに終日頭を使った1日でした。

 

「事故ゼロ」の意識を高めてプログラムに臨みます。

 

 

福岡校ディレクター 野田れお

 

2019.04.13

【福岡・レポート】大学生 無人島生活

「人生を前向きに行きていける人アウトフィッターを育てる」

 

大学生向けのプログラムが始まっています。

第1回はある無人島へ。

 

無人島!という響きに誘われ、なんか楽しそう!と参加した3日間。

 

    

 

楽しいこともあれば、大変なこともあります!

 

それぞれ、気づきがあり学びがあったようでした。

 

 

 

大学生向けの無人島サバイバル企画、GWにも実施予定です。

日常では味わえない体験から、気づきが多いのは間違いありません。

 

プログラムには地元の海を知り尽くしたたいようアウトドアーの古川氏に協力いただいています。

 

 

大学生向けアウトフィッター育成企画。今後にご期待ください!

 

福岡校ディレクター 野田れお

 

 

 

大学生向け企画「アウトフィッター」HP

https://hello-travel.jp/outfitter/

2019.03.01

【福岡・レポート】72hサバイバル教育協会コーチ養成講座

2/26〜28の2泊3日で72時間サバイバル教育協会の指導者育成プログラムが福岡にて開催。

スタッフが参加してきました。

72時間サバイバル教育協会http://72h.jp/instructor

 

大災害が起きた時に、救急や自治体などの公的な支援や、他の地域や民間の支援が来るまでの間、

まずは自らの力で生き延びる(自助)ことができるように。

そして周りに手を差し伸べられる(共助)ようになっておけたらいいですよね?!

 

72時間サバイバル教育協会の講習は、ロープワークや火起こしなどの「スキル」も学ぶことができます。しかし、どんな災害がどのタイミングで起こるか、その時の気候は?持っているものは?場所は?周りの環境や状況は様々です。「想定外」のことが起こることがほとんどです。

 

そんな時に必要なのは「スキル」とともに「自分で考えて判断する力」。(72時間サバイバル教育協会では「サバイバルマインド」と呼んでいます。)

 

今回の指導者講習では、指導者としてその「自分で考えて判断する力」=サバイバルマインド をどう身につけてもらうか、も考えるものでした。

 

すべて教えてしまっても、相手は頭を使わないから学びを奪ってしまう。

かといって、すべて任せて見守っていても進まないこともある…

 

 

 

「体験」から気づき・学びを提供する普段のアースレンジャーやシーズンキャンプにも繋がることがたくさんありました。

 

 

福岡校ディレクター 野田れお

2019.02.12

【福岡・レポート】スキー&ゆきあそび 九重1泊

 

2月の3連休に実施しました、

ゆきあそび&スキー キャンプ 九重1泊

 

3連休の中日にあたる初日は快晴。

九重スキー場にもたくさんのお客さんが来ていました。

 

 

 

混雑の影響で少しスケジュールを調整しつつ、さっそくスキースタートです!

 

はじめてスキーを履くお子さんも、ちょっとずつ。楽しみながら。

 

スキーをやったことある子たちは、確実に止まれるようになったら、

どんどん滑走距離を伸ばしていきます。

 

 

途中で、ゆきあそびも挟みながら、進めていきます。

 

初対面ばかりで緊張していた朝、昼すぎには名前も覚えて、楽しそう!

 

宿泊は九重青少年の家。温泉に入って、夕食です!

 

眠そうな子もいますが、たくさん食べました!

 

 

 

翌日は、朝から雪。

スキー場には新雪が積もっていました!これは遊ぶしかない!

スキーの合間に、ベンチに積もった「新鮮な雪」で遊びました。

 

雪のため、初日ほどいい天候ではありませんでしたが、

どんどん滑って滑った分だけ上達していくのがわかります。

 

初めはリフトを不安がっていた女の子も、「できた!」と自信の表情。

 

はじめてスキーを履くメンバーも、ぐんぐん上達していきました。

 

 

2日間あるのでスキーや雪遊びの時間をたっぷりとれるのはもちろんですが、宿泊を伴って長い時間お子さんに関われることで、こんなこともありました。

 

初日、なかなかスキーが思うようにいかないKくん。

スキーを履いた途端、後ろに滑ってしまうし、転んだら起き上がるのは大変だし、

嫌になってしまって、ほとんどの時間、雪遊びをしていました。

 

ちなみに、僕らとしてはこれはOK。
せっかく楽しみに来ているのに、嫌々スキーをさせられるほど学びの少ない時間はありません。

とくに2日間ある!逆にずっと集中してスキーの練習なんて、しなくていいんです。大人でもそんなに集中は続きません。

 

ただ、どっかで向き合ってくれて、「できるようになった!」の嬉しさを一緒に感じられたらなぁ〜とは思っています。

 

そんな気持ちで、見守りつつ、一緒に思いっきりソリで遊びつつ。

そんな初日でした。

 

宿舎についても、うまくいかなかったり自分の思う通りにならないと嫌になってしまうことが多いKくん。

「これはやってみようやー」「たしかに、これはめんどくさいなぁ〜」

と、スキーを教えたスタッフがそのまま一緒に生活をしていきます。

部屋でのUNOを一緒に盛りがったり、他の子とのいざこざが起こった時に気持ちを聴いたり。

そうこうしている中で、自然と信頼関係は生まれていきます。

 

そして2日目。

天候コンディションは決して良くないこともあり、Kくんはスキーしないかな〜と考えていましたが、

「今日はリフト乗りたい。」と自らゲレンデへ。

後ろに滑っていってしまって、転んでしまっても、何度も練習しました。

僕らスタッフもKくんのことが2日目で少しわかってきたので、声かけややりとりもかなりスムーズ。何より、一緒にリフト行こうぜー!という信頼感というか一体感があります。

Kくんはスキーに没頭。かなり上達し、念願のリフトも叶いました。

 

もともとKくんの持ってるチカラで、僕らスタッフが何をしたでもないのですが、おそらくスキー場のインストラクターがスキーのレッスンを担当したら起きなかった出来事だったと思います。

 

僕らがしたいのは、スキーを上達させるだけの「スキースクール」ではなく、上達していく過程で心が成長していくようなスキーキャンプです。

「できた!」「できなくて悔しい」といった心が動く瞬間や、その気持ちを共感してもらえる時に「成長」が生まれているように思います。

 

Kくんはある意味極端な例ですが、

そんな心が成長する体験を生み続けていけたらと思います。

 

福岡校スタッフ 野田

 

 

 

アースレンジャー 2019募集

 

2019.02.04

【福岡・レポート】はじめてのスキー|ゆきあそび 九重②

 

2月3日、節分の日に実施しました、

はじめてのスキー 1day ②

ゆきあそび 1day ②

 

予報通りの悪天候にも関わらず、

 

 

ゆきあそびチームはソリでがんがん滑ったり、

 

ゆきだるまをつくったり、

 

 

天候の関係で、午前中が中心になりましたが、全身を使って雪で遊びました!

 

 

 

天候が悪化していく中、昼からも外に飛び出して遊ぶお子さんもいました!

 

 

スキーチームも悪天候は同じ・・

 

それでも徐々に滑る感覚をつかみ、

 

転んでべたべたになっても頑張りました・・。本当にすごい集中力でした。

 

 

合間に、雪あそびも挟みつつ。

 

はじめてスキーを履くお子さんも、プルークで滑りおりてくることができています!

 

 

雨と濃霧の悪天候の中でしたが、

帰りのバスでスキー、ゆきあそびの満足度を聞くと・・・

なんとたくさんの子が「楽しかった!!」との満面の笑み。

 

正直、雨と濃霧にやられたかな〜、さすがに心折れたよなぁ〜、

大丈夫かなぁ、スキーきらいになってないかなー、

「もう雪遊びとかしない!」とか言われたら悲しいなぁ・・

と心配していたので驚きでした。

 

スキーも雪遊びも、他のアウトドア(そと遊び)すべてそうですが、大人になっても歳をとってもできる遊びです。

もしかしたら、今日スキーを始めた子が、80歳くらいまで続けて楽しめるかもしれない。そう思うと、今日上達したかどうかよりも、「楽しかったー!また来よー!」の方がよっぽど大切だと思っています。

 

僕らの心配をよそに、悪天候の中「楽しかったー!」と言いえるくらい遊びきってしまう子どもたちのパワーにうれしくなった1日でした。

 

福岡校スタッフ 野田

 

 

アースレンジャー2019 募集

 

 

2019.01.08

【福岡・レポート】はじめてのスキー|ゆきあそび 九重①

2019年初めのプログラムは、

・はじめてのスキー1コース  九重 1day

・ゆきあそび1コース 九重1day の2プログラムでした。

どちらも2/3に2コース目が実施予定です。

今回は、合わせて36名のご参加。バスの中からにぎやかです!

 

天神から九重スキー場までは、バスで2時間ほど。

スキー場に着くと、早速着替えてゲレンデへ!

 

ゆきあそびチームは、ソリですべったり、

 

ゆきだるまを作ったり。

 

ゆきの斜面をよじ登ったり。

 

スキーチームはスキーのレンタルを済ませてレッスン開始。

 

本当に今日初めてブーツをはく!スキー板をはく!という子がほとんど。

ブーツの履き方からレクチャーしていきます。

 

初めは「ブーツ歩きにくいー!!」と言っていた子たちも、

スキーをはめ、滑ることに慣れてくるとベルトに乗ってゲレンデの少し上まで移動します。

九重スキー場は初心者用のレッスンゲレンデも整っています。

 

止まり方も覚えて、さまになってきました!

「スピートが出て楽しい!」

少しずつ、着実にできるようになってきてます。

 

少し長い距離も。

    

 

 

福岡周辺に住んでいると、雪上であそぶ体験はほとんどありません。

雪が集まっているだけで、子どもたちは興奮ぎみ。

帰りのバスで、「今日はどんなことが起こって、何を一番覚えてるー?」

と聞くと、

 

「スキーで滑ったら後ろから風がぶわーって吹いてきてスピートが上がっておもしろかった!」

「防御の壁を作って、雪合戦したのがたのしかった!」

「そりで何回も滑ったのが楽しかった。」

と満足そうな表情で話してくれました。

 

スキーも初めは怖がっていた子も「できるようになってきた!」といううれしそうな表情がたくさんありました。

 

ぼく、スタッフ野田としては、3歳〜12歳あたりの吸収の早いゴールデンエイジのお子さんたちにぜひ雪の上の楽しさを知ってもらいたい、ソリや雪合戦ももちろん楽しいし、中でも「スキー」は、雪あそびの中で最もおもしろい!と思っています。

 

例えば、

「雪っておもしろいなぁー」と感じた子が、将来地球環境のことに目が向くきっかけになるかもしれないし、「できるうれしさ」を感じた子がスポーツに打ち込むきっかけになるかもしれません。

そんな可能性を感じてうれしい1日でした。

 

最近の投稿