子どもから大人まで多種多様な自然体験型プログラムを通じてアウトフィッターを育成します。

総合窓口075‑354‑6388

受付時間:10:00~18:00(火日祝休)

fb

youtube

総合TOPへ

ニュース&ブログ

国際自然大学校 西日本エリアのニュース&ブログです。
各校で開催するプログラムやレポートなどの情報が満載です。

2019.01.08

【福岡・レポート】はじめてのスキー|ゆきあそび 九重1day

2019年初めのプログラムは、

・はじめてのスキー1コース  九重 1day

・ゆきあそび1コース 九重1day の2プログラムでした。

どちらも2/3に2コース目が実施予定です。

今回は、合わせて36名のご参加。バスの中からにぎやかです!

 

天神から九重スキー場までは、バスで2時間ほど。

スキー場に着くと、早速着替えてゲレンデへ!

 

ゆきあそびチームは、ソリですべったり、

 

ゆきだるまを作ったり。

 

ゆきの斜面をよじ登ったり。

 

スキーチームはスキーのレンタルを済ませてレッスン開始。

 

本当に今日初めてブーツをはく!スキー板をはく!という子がほとんど。

ブーツの履き方からレクチャーしていきます。

 

初めは「ブーツ歩きにくいー!!」と言っていた子たちも、

スキーをはめ、滑ることに慣れてくるとベルトに乗ってゲレンデの少し上まで移動します。

九重スキー場は初心者用のレッスンゲレンデも整っています。

 

止まり方も覚えて、さまになってきました!

「スピートが出て楽しい!」

少しずつ、着実にできるようになってきてます。

 

少し長い距離も。

    

 

 

福岡周辺に住んでいると、雪上であそぶ体験はほとんどありません。

雪が集まっているだけで、子どもたちは興奮ぎみ。

帰りのバスで、「今日はどんなことが起こって、何を一番覚えてるー?」

と聞くと、

 

「スキーで滑ったら後ろから風がぶわーって吹いてきてスピートが上がっておもしろかった!」

「防御の壁を作って、雪合戦したのがたのしかった!」

「そりで何回も滑ったのが楽しかった。」

と満足そうな表情で話してくれました。

 

スキーも初めは怖がっていた子も「できるようになってきた!」といううれしそうな表情がたくさんありました。

 

ぼく、スタッフ野田としては、3歳〜12歳あたりの吸収の早いゴールデンエイジのお子さんたちにぜひ雪の上の楽しさを知ってもらいたい、ソリや雪合戦ももちろん楽しいし、中でも「スキー」は、雪あそびの中で最もおもしろい!と思っています。

 

例えば、

「雪っておもしろいなぁー」と感じた子が、将来地球環境のことに目が向くきっかけになるかもしれないし、「できるうれしさ」を感じた子がスポーツに打ち込むきっかけになるかもしれません。

そんな可能性を感じてうれしい1日でした。

 

2月開催のスキー・ゆきあそびも募集中です!

はじめてのスキー 2/3 九重1day

ゆきあそび 2/3 九重1day

のんびりスキー 九重1泊

 

 

2018.11.27

【福岡・レポート】化石発掘キャンプ アースレンジャーPlus+

 

熊本県御船町にて「化石発掘キャンプ」に行ってきました。

 

恐竜好き、化石好き、キャンプ好きな13名が参加してくれました。

早速、御船町の恐竜博物館へ。

 

御船町でみつかった肉食恐竜の化石を食い入るように見る…

しかもこの化石は、当時小1の男の子が見つけた約9000万年前の肉食恐竜の歯の化石です。

博物館でも化石発掘体験を!

 

どんな色の岩から化石が見つけやすいか、どの方向からハンマーで叩くと良いか、やってみて学び取っていきます。

なにか模様が出てきた…これ化石?

 

今日の宿泊は、化石博物館から30分ほど移動した吉無田高原。

 

みんなでカレーライスを作りました。

 

焚き火があたたかくてうれしい季節です。

 

 

夜は高原から星空観察。

満月なので空が明るい!「月ってこんなに明るかったんだー」

 

ロッジでひと騒ぎして、寝静まったキャンプ場にキツネが来ていました。

 

 

翌日は、実際に9000万年前の地層が現れている場所へ!

 

 

化石発掘、本番です!

  

9000万年前の貝の化石。

 

 

 

「地球ってすげーなぁってこと、なんかあった?」ときくと、

「9000万年前の化石が閉じ込められてるのがすげーってなった!」

「恐竜みたいなでっかいやつが生きてたのがすげーってなった!」

などなど、学年や理解度によって様々だと思いますが、恐竜の時代に想いをめぐらせ、秋深まる高原のキャンプ場でキャンプをし、地球や自然のスケールを体感できた子もいたようです。

 

13人と少人数のキャンプでしたがその分、グループの中での一人ひとりの心もたくさん動いていたようでした。

葛藤(イライラ、もやもや、緊張・・)や共感できる嬉しさ、一緒に笑い転げる楽しさ、いろんな心が動きつつも、最期は「楽しかったー!」でまとめられる子どもたちってやっぱりすごいな。

と感じたキャンプになりました。

 

御船町観光協会さん他、御船町のみなさんのサポートにも感謝いたします。

御船町恐竜博物館、ぜひ一度遊びに行ってみてください!

 

福岡校ディレクター野田(れお)

 

 

冬もスキー・ゆきあそび、星空キャンプと続きますのでご参加お待ちしております!

 

冬キャンプ詳細はこちら!

 

 

2018.11.05

【福岡・レポート】パラグライダー アースレンジャーPlus+

秋晴れの11/4(日)にアースレンジャーPlus+「パラグライダー」を実施しました。

実は今年度は6/10に実施予定でしたが、残念ながら雨天順延。

待望の実施となりました。

 

糸島のアクションパラグライダーに到着後、さっそく簡単な操縦方法を練習します。

 

 

午前は平らな場所で練習!

 

ハーネスとグライダーを装着。
わくわくしたり、ちょっと不安だったり。

 

ふわっとうく感覚!

 

 

少し高い場所からもトライ!「海がきれいに見えた!」

 

風がつよくなってきた午後は、ロープをつけてさらに高いところへ!

 

アクションパラグライダーのスタッフの皆様の協力で、

「楽しかったー!」という声がたくさん。その「楽しかった」の中にも、飛ぶ前はドキドキした。うまくいくか不安だった。飛んでる時は高すぎてちょっとびっくりした。などなど、たくさん気持ちが動いていたようです。


この秋、冬もスキー・ゆきあそび、化石発掘、星空キャンプと続きますのでご参加お待ちしております!

 

冬キャンプ詳細はこちら!

 

 

2018.10.09

【福岡・レポート】はじめての親子キャンプinきふね

 

今年の「はじめての親子キャンプinきふね」は、4家族9名にご参加いただきました!

台風一過の秋晴れの中、古民家を改装したきふねFAME THEATRE山北小路にはきもちのいい風が吹いていました。

 

オープニングとガイダンスを済ませて、さっそく遊びスタート!

果樹園に落ちている柿を探したり、みつけてきた「お宝」をつかったお店がOPENしていたり、自由にのびのびとした時間が流れています。

 

 

西の空に夕陽が沈む頃には、家族をまたいで一緒に探検に出かけたり、スプーン作りに熱中したり、のんびりおしゃべりしたり・・・

 

夜はきふねさん提供のBBQとダッチオーブンでカレーを作りました。

 

 

夜ものんびり。

男の子は五右衛門風呂にも入っていました!

 

翌日も、やりたいことを自由にのびのび。

 

短い時間でしたが、秋の気持ちいい天気ときふねさんの協力もあって、

「そとあそび」の楽しさを感じてもらえた2日間となったと思います!

 

きふねFAME THEATER山北小路の紹介動画


 

秋以降も、スキー・ゆきあそび、化石発掘、星空キャンプと続きますのでご参加お待ちしております!

 

冬キャンプ詳細はこちら!

 

 

2018.08.27

【福岡・レポート】はじめてのお泊まりキャンプ アドバンス

福岡校 この夏ラストのキャンプは、はじめてのお泊まりキャンプアドバンスコース。福岡市内の小学生は夏休み最後の土日での実施となりました。

年中さんから3年生まで22名が参加してくれました!

 

木陰の風は涼しくなって来ましたが、まだまだ暑い!さっそく川遊びに出かけました。

メダカを追いかけたり、水のかけあい対決が始まったり、石を集めてダムを建設したりしてあそびました。

 

 

夕方はカレー作り!

はじめて包丁を使う子も材料のカットに挑戦!

「トマト嫌い〜」と言っていた子も恐る恐る切っていました。

 

かまどもレンガを積んで作ります!枝もたくさんあつめたね!

 

 

「いただきまーす!」トマトとなすの夏野菜カレー!

トマト嫌いな子も、なすが嫌いな子もおいしく食べられたかな!?

 

2日目の朝ごはんはカートンドック(ホットドック)!アルミに包んだパンを入れ、牛乳パックを焼きます!

一生懸命、風を送っています!「牛乳パック燃えろ〜」

 

 

2日目はこの斜面が人気の遊び場に。

 

川遊び、クラフトのあいまにはここに集合!

急な斜面を登るスリルがたまらない!おしりを真っ黒にして遊んでいました。

 

思い出クラフト、おみやげのキーホルダーを作りました!

 

2日目最後のふりかえりでは、この表情!

たのしかった!もっとやりたい!ということも、怖かったードキドキしたということも。

たくさんの子が自分の言葉で教えてくれました。

「ああ、そうそう!それ楽しかったね!」という声が上がったりもしていました。

 

 

2018.08.24

【福岡・レポート】ハンモックandロープクライミングキャンプ

 

ホグロフス(haglofs)福岡イムズ店とのコラボキャンプ「ハンモックandロープクライミングキャンプ」は、小学1年生から6年生まで28名のご参加でした。

 

台風の影響が心配されましたが、2日間ともいいお天気!

 

このキャンプには、ホグロフスのLAVA30というカバン付いてきます。さっそく多くのお子さんがキャンプに持ってきてくれました!

 

初日のお弁当は、イムズB1に店舗をもつ峠の元氣屋さんに協力いただき、特別に子ども向けのお弁当を作ってもらいました!

 

 

お弁当の後は、さっそくロープクライミングへ!

 

ロープを使って、木を登っていきます!

普段は登れない高さまで登っていくと、「みてー!木にタッチできる!」

 

木の上に吊るしたハンモックにすっぽり。

 

ロープクライミングとハンモックで遊んだ後は、夕食のカレー作り。

焚き火の材料を集めて、マッチで火をつけてみよう。

 

 

 

2日目も晴天!川遊びにも出かけました。

 

広場にかかったハンモックでものんびり。

初めて出会う仲間とも徐々に名前を覚え、いっしょに木に登り、カレーを作り、いっしょにシャワーを浴び、としていくうちに、いつの間にか仲良しになっていました。

 

 

ロープクライミングでは、「ちょっと高くて怖いけどやってみたら、いけたよ!」「みて!こうこんなところまで登った!」と得意げな表情がたくさん!

 

説明もそこそこに、ソワソワ・・

ワクワクすることには一直線!(移動は基本ダッシュ)

どのロープに登るかで、他の子とケンカして、なんかイヤな気持ち。それでもいつの間にかまた仲良し。小学2,3年生が多かったこのキャンプでは、そんなシーンがたくさんありました。

 

改めて、2日間をこのペースで走りきってしまう、子どもたちエネルギーを実感。そして、「ごめんね」「もっとこするね、次からはこうするね」なんて言葉にならなくても、いつの間にか解決し改善していく子どもたちのチカラを見せつけられた2日間でもありました。

 

ワクワクドキドキしつつ、挑戦したり、時にはやめといたり、認められる場でのびやかに遊ぶ。そんな雰囲気が心地いい2日間でした。

 
 

福岡校スタッフ 野田

最近の投稿